スタッフブログ

2020.12.03

今日も深呼吸をして、ミトコンドリアを活性化

私たちが呼吸をすれば、60兆個の細胞も呼吸をしています。

この細胞の呼吸をする場所がミトコンドリアです。

その数は臓器によっても異なりますが、酸素や温度が高い場所に多く存在します。

例えば、心筋や赤筋、肝細胞などです。

逆に、酸素や体温が低い場所ではミトコンドリアの数は少なくなっています。

低酸素、低体温を好む がん細胞が存在する場所は、ミトコンドリアが少ないといわれています。

その条件ではミトコンドリアは働けないからです。

ミトコンドリアの働きがなくなると、代謝の反応が鈍くなったり、物質の合成が出来なくなったり

さまざまな問題が発生してしまうのです。

その結果、がんという病が出来てしまうのです。

私たちが生きていく上で、ミトコンドリアは必ず必要な存在です。

だから、ミトコンドリアを元気にしてあげないといけないのです。

そのためには、ミトコンドリアが大好きな酸素を送り込んであげること

そして、ミトコンドリアが必要とする体温を上げていくことです

深いしっかりとした呼吸をすれば、細胞も酸素が届きます。

今日も深呼吸をして、ミトコンドリアを活性化していきましょう

腹式呼吸の前に・・・プロポリスをクローバー

https://www.qualitypro.co.jp/

こちらからアップアップ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページトップへ