スタッフブログ

2021.05.16

ガン予防・心疾患予防には

(1989年  ウィスコンシン大学の研究)

アカゲ猿76頭をA群  B群  に分けてた20年間にわたる観察

●A群の猿は、30%カロリーを減らした餌を与えた

●B群の猿は、制限なく餌を食べさせた

20年後

A群の猿は80%が生存

B群の猿は半数が死亡

(そのうちの37%の猿が、ガン、糖尿病、心臓病など病気で死亡)

この研究からウィンドラック教授は、次のように結論づけています。

『低カロリーの食は、年齢を重ねたときの生活の質を向上させ、寿命を伸ばしている』

また、カロリーを30% 減らすことで、癌と心疾患の発生率が半分以下になっていることは、非常に興味深いところです。

別の研究では、摂取カロリーが30%少ない時に 長寿遺伝子『サアーチュイン遺伝子』は活性化されることがわかっています。

明るい未来へ・・・

高濃度プロポリスショップ こちらから

ページトップへ