プロポリスをよりよく活かす

生活スタイルとは

早寝早起き

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

体を温める

体の隅々まで栄養と有用成分を運ぶには、体温が必要です。

体温が低いと、血流が滞り、栄養や酸素を送る力が弱まります。

溜まった老廃物の排出力も弱くなるのです。

シャワーが当たり前になった現代は、低体温の人がとても増えています。

入浴で体を温め、リラックスすることは免疫力の強化にとても大事なことなのです。

体温36.5℃前後で免疫力が働き、37.0℃前後で最も活性化されます。

逆に35℃台の低体温は、ガン細胞を活性化させてしまうのです。

体が温まり血流が良くなると、栄養や有用成分をスムーズに運ぶことが期待できます。

ガン細胞は低い体温で増殖します。

健康のためには、日頃から体を冷やさないことを心がけたいものです。

第二の心臓といわれる「ふくらはぎ」

ふくらはぎで、血液を押し上げています。

血液を循環させるためは、ふくらはぎの筋肉が重要な役目をしているのです。

毒素の排出にも同じことがいえます。

ふくらはぎの筋肉を鍛えることはとても大事です。

それ以上にふくらはぎは絶対に冷やさないことです。

冷えは筋肉を衰えさせ、血流を低下させます。

ふくらはぎを重点的に温めることです。

冬はもちろん、エアコンを使う夏も遠赤外線効果があるレッグウォーマーは必需品です。

 https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/ga0000r/

こちらにレッグウォーマーは血流を低下させる電磁波からも守ってくれます。

お風呂上がりにすぐレッグウォーマーをつけるとさらに効果的です。

ふくらはぎを温めれば、血のめぐりが良くなり、細胞の隅々に栄養が行き届き、生命力が高まります。

「頭寒足熱の医者いらず」

 手足を温めることは、とても大事なことです。

ふくらはぎを温め、ガン細胞が嫌う温かい体になる!

腹7分目

適度な運動

適度な運動

前向きな心

私たちが食べた物は、酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されます。

この間、血液は胃に集められます。

また、食べ物で胃が冷えてしまうと、胃を守ろうとする体の防御機能も働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

他の部分はいったいどうなっているのかといえば・・・

その時間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

そして、血液がもとに戻るまで4~5時間かかります。

血液が不足すると、体温が低下し、代謝機能が落ちます。


老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まり、がん などの病気を引き起こしてしまいます。


代謝機能が働く大切な時間といえば、睡眠時間中です。

睡眠中の代謝機能を落とさないよう、胃の中のものは消化してから寝たいですね。

そうでなくても 寝ている間は、体温が下がりやすいのです。

体温が下がる睡眠中は、がん細胞が活発になりやすい時間

体温を下げることのないよう睡眠時間の3~4時間前には夕食を済ますことが健康の秘訣ですね。

入浴も就寝1時間前までに終えるのが理想です。

プロポリスを飲む人は、入浴前後がおススメです。

気持ち良い朝が迎えられます。

新着情報

2020.02.11

新着情報のページです。

2020.02.08

新着情報のページです。

2020.02.07

新着情報のページです。

ページトップへ