生命を繋いでくれた『プロポリス』

プロポリスとの出逢い

家族が病で途方に暮れていたとき、人生を変える出逢いがありました。

それが「プロポリス」だったのです。

それは、あるひとつの情報からでした。

「日本で医師が自身で摂っている健康補助食品の第一位がプロポリスである」

この小さな情報からプロポリスに興味をもち、ありとあらゆる書物や研究データを調べたのです。

紀元前にさかのぼるプロポリスの歴史から、現代の医学大学などでの研究結果まで

それは膨大なものでした。

睡眠時間をも削り、全身全霊を注いだ時間でした。

そのなかで、末期がんの報告もありました。

末期がんへの効果はプロポリスのせいかどうかはわかりません。

それは医療やいろいろな民間療法を同時に実践しているからです。

しかし、プロポリスを通し、絶対的にいえることをみつけたのです。

1つは、自然界の力はとてつもなく素晴らしいものであるということ

もう1つは、私たち人間は自然界を味方につけることで想像を超えた力を発揮することができることです。

生命をつないでくれたプロポリスと出逢って本当によかった

感謝しかありません。

大自然の恵み『プロポリス』の働きに深く感謝

大自然の恵み

大自然の恵み「プロポリス」の働きに深く感銘を受け、さらなる研究と、本物の高濃度プロポリス製造をスタートいたしました。

私たちは、どんなときも自然と繋がり生かされていることを深く感謝しております。

大自然の恵み「プロポリス」が、あの頃の私たちと同じように悩む皆様のお役に立てれば幸いです。

現在では、全国各地から喜びの声をたくさん頂いております。

心から感謝申し上げます。

天地の恵みと、多くの働きに感謝して

健康と幸せが開花されますことを祈り、これからも本物のプロポリスをお届けして参ります。

品質は妥協しない

現代は、健康食品といわれるものは星の数ほどあるといわれています。

プロポリスだけでも世界には数えきれない数の製品が存在しています。

しかし、その製品は本当によいものから粗悪品までさまざまなものがあります。

ひとことで「プロポリス」といってもその品質や有用成分は、大きく違ってくるのです。

消費者からすれば、安く飲めるものがいいでしょう。

しかし、品質の怠るプロポリスによって、プロポリスはこんなものかと思われることは残念でなりません。

また、原材料に化学物質をつかっているプロポリスも数多くあります。

抽出時に食品添加物をつかったり、原塊のブレンドや防腐剤の使用、またミツバチが採取する植物の農薬問題など

プロの目から見れば、信じられない製品もたくさん出回っています。

非常に残念に思います。

飲む目的、必要とする理由、意味を考えれば品質を妥協することは絶対にできないのです。

自分に合ったもの

プロポリスは産地、ハチの種類、起源植物の種類、起源植物の農薬有無、抽出方法、ハチ毒の除去法、熟成の有無、保管容器、保管環境によって有用成分が大きく変わってきます。

その違いは、同じプロポリスとは思えないほど全く違ったものとなります。

ですから、自分の体に必要な有用成分をもつプロポリス

自分に合ったものを選ぶことがとても重要になります。

安全なもの・本物のプロポリスを選ぶポイント

【製品について】
※製品の箱に記載されたプロポリスの産地、起源植物、原材料を確認する
(原材料:プロポリス、食用エタノール(アルコール)など  注)防腐剤、界面活性剤などが含まれていないか)
※プロポリス含有量が30%以上の濃度プロポリスであることを確認する
※プロポリスの販売容器は、ガラス瓶であること
(物質の溶解を防ぐため)
※色は透明ではなく、色のついた遮光瓶であること
(プロポリスの主成分であるフラボノイドが紫外線によって分解されるのを防ぐため)
【プロポリス原液について】
※プロポリス原液の色は目安として褐色や、ややグリーンがかかったもの
(色素を混入したものもあるので注意)
※天然、本物のプロポリスは、芳ばしい樹脂様の香りがする
(どこか懐かしい香り)
※口に入れたときピリッとした軽い刺激味がある
(舌に甘みが残るプロポリスは添加物が加えてある可能性があるので注意)
※木樽で長期熟成させたプロポリスは、風味にまろやかさがある

プロポリス飲用の注意事項

※ハチアレルギーの方、1歳未満の方はご使用に頂けません。
※その他アレルギーが気になる方はご使用をお控えください。
※プロポリスはあくまでも食品であり、薬ではございません。

※治療中、疾患がおありの方は医師にご相談ください。
※結果を保証するものではございませんのでご了承ください。

プロポリス活用・豆知識

お電話でのご注文も承っております。

ホームページシステムCreativePrpCMS
ページトップへ