大切な体を現代病から防ぐ

とても便利な時代となりました。
食べるもの、身につけるもの
昔はなかったものが、どんどん増えています。
しかしその分、昔はなかった病気もどんどん増えています。
病気になって初めて気付く人、家族の病気を機に勉強を始めた人
自分の体は自分で守らなければならない時代になりました。
健康というものがどれだけ有り難いことか
悪いものを排出できる体づくりがどれだけ大切か
病気になって身に染みて感じた人も多いと思います。

どうか、これからを生きる子どもたちの健康が守られますよう心から願っています。
そしてお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん
家族みんなが健康に笑って暮らせますように・・・


 激減した野菜の栄養価

現代の野菜は栄養価がどんどん低下しています。
例えば、人参に含まれる栄養素でいえば、60年前と今とでは鉄分は10分の1、ビタミンAは4分の1、ビタミンCは3分の1以下になっています。
ほうれん草は、鉄分は5分の1、ビタミンCは7分の1になっています。
その他、キャベツ、ピーマン、小松菜 どの野菜も栄養価が下がっています。
これは、農薬、化学肥料が影響しているようです。
農薬、化学肥料は、体にさまざまな影響を与えるだけでなく、野菜の栄養まで奪ってしまっているようです。
低価格で見た目が綺麗な野菜しか買わない現代人
私たち消費者も考えなくてはならない問題だと感じます。

これらの栄養事情から、健康食品を飲む人が増えているのは確かです。

遺伝子組み換えをすべて把握することは困難

現代の食べ物には、遺伝子組み換え食品がたくさん存在しています。
例えば、お菓子、ラーメン、うどん、清涼飲料水、油をはじめ、味噌、醤油、豆腐にまで使われています。
遺伝子組み換え作物での家畜への影響調査では生殖障害が発生することが判明しています。
また遺伝子組み換え食品によっては、アレルギーや腫瘍といった健康被害をもたらすことも指摘されています。
遺伝子組み換え食品は避けているという人も多いでしょう。
しかし、抜け道がたくさんあるため、すべてを把握することはとても困難なのです。
「遺伝子組み換え」と表示されていないものでも、例えば何かの製剤前段階で使っているものであれば、遺伝子組み換え食品を使っていても表示をしなくてよい。
知らないうちに遺伝子組み換え食品を摂ってしまっているかもしれません。

だから、健康食品で良い栄養を摂り、常に排毒できる体づくりをすることは必要です。

加工食品から調味料まで使われる石油精製物質

日本における添加物の多さは、海外先進国からみてもずば抜けています。
種類、使用濃度とも、欧米では規制されている添加物が日本では普通に使われています。
化学調味料、保存料、増粘多糖類、亜硝酸ナトリウム、リン酸ナトリウム、PH調整剤、タール系着色料など、どれも石油精製物質です。
着色料はどれも発がん性が高く、アレルギーも誘発しやすいことが報告されています。
組み合わせでさらに発がん物質を生み出すこともわかっています。
グルタミン酸ナトリウムは、内臓脂肪の増加の要因となり、心臓病、糖尿病のリスクを高めます。
またマウス実験では肝臓、子宮、卵巣、副腎に異常が認められています。
アメリカのラッセル博士は、興奮毒であることを指摘しています。
ソーセージ、せんべい、かもぼこ、即席麺、揚げ菓子などの加工食品から調味料まで多方面で使われています。

100%避けることは難しいですが、気を付けたいものです。

細胞を破壊させる糖

疲れやストレスが溜まると摂りたくなる砂糖
白砂糖の弊害をよく聞くようになりました
糖尿病、精神疾患、アレルギー、アトピー、がん、リウマチ、骨粗鬆症
直接的に血糖値を上げる砂糖は「直接糖」であり、体を害することは医学研究でもわかっています。
直接糖は、細胞を破壊させやすいため、細菌やウイルスに感染しやすくなります。
風邪をひいた、膀胱炎になった
免疫力が低下していると思われるとき、砂糖の摂取量はどうでしょう・・・
糖が酵素の働きなしに脂質、たんぱく質と結合する反応を「糖化」といいます。
いわゆる体の老化現象で動脈硬化も助長させます。
老化現象こそが様々な病気を引き起してしまうのです。
また、白いお米、白い小麦粉も摂り過ぎは老化現象を早めます。
年齢と共に白いものから茶色のものに移行していくのが理想です。

糖を必要な栄養素に変えれる体づくりを・・・

プロポリス活用・豆知識

お電話でのご注文も承っております。

ホームページシステムCreativePrpCMS
ページトップへ